日本は第2次世界大戦以降、欧米などから食物が輸入され私たちの食も変化していきました。現代社会ではファストフードやコンビニ弁当など親しまれ、偏った食事になっています。その背景から日本でも肥満に該当する人々が増加傾向あるのが現実です。

和食より洋食ばかり食べる女性

肥満予防!ためしてガッテン!ごぼう茶!

NHKの「ためしてガッテン」で特集されたごぼう茶には、便秘を予防する働きがあります。便通は、個人差もありますが、毎朝出る人もいれば、2日から3日に一回出る人もいるでしょう。毎日出ないからと慌てる必要はないと言われています。医師によると、2日から3日の排便の人でも、それぞれの排便のリズムは異なると言われています。お腹が苦しかったり、異常を感じなければ、自分の排便ペースを把握しておくことが大事です。便秘にならない為には、食物繊維を多く含む食品をとることが大事ですが、ゴボウには、食物繊維が豊富に含まれています。便秘が肥満につながることもあり、何日も便秘の人は、便が溜まりやすく、腸の動きが悪いので、太りやすくなります。ごぼう茶の効果については、長寿の秘密が隠されていると「ためしてガッテン」で特集されていました。ごぼう茶は、体に良く、食物繊維も豊富なので、毎日飲み続けるのを習慣にすることで、健康にも良いでしょう。ごぼう茶には、コレステロールを下げる効果や、若返りの効果もあり、血管の老化を防ぐ働きもあります。ごぼう茶に含まれるサポニンは、脂肪を分解し、排出する効果があるので、肥満予防にもつながります。コレステロールが高い人、肥満で悩んでいる人には、ごぼう茶を飲むことで、健康維持に期待ができます。便秘の解消にもつながるので、毎日の健康にごぼう茶を飲んで、食物繊維が多くとれるので、おすすめです。子供からお年寄りまで、家族みんなで飲むことを習慣にすることで、健康維持に期待ができます。ごぼう茶は、インターネットや、ドラッグストア、スーパーで買うことができるので、興味のある人は、試してみるといいでしょう。

上へ戻る