日本は第2次世界大戦以降、欧米などから食物が輸入され私たちの食も変化していきました。現代社会ではファストフードやコンビニ弁当など親しまれ、偏った食事になっています。その背景から日本でも肥満に該当する人々が増加傾向あるのが現実です。

和食より洋食ばかり食べる女性

肥満とドリンクと舞茸について

肥満体型を解消するには、置き換えドリンクを利用して、トータル摂取カロリーを減らすことも可能です。肥満の人はとにかく食べ過ぎてしまうので、1日あたりの総合カロリーを減らすために、食事からの摂取カロリーを抑えていく必要性があります。栄養不足にならないように、ビタミン類を含む置き換え食品のドリンクなどを、上手に利用しましょう。

肥満解消にはキノコの舞茸も、ダイエット効果があるとして注目を集めています。キノコには種類がありますが、舞茸にだけ含まれているのが MXフラクションという、スペシャルな成分です。ほかのキノコにはない特殊案ものであり、こらえ打てロール合成をセーブさせてくれますし、脂肪の燃焼の代謝を良くしてくれます。MXフラクションの成分の働きにより、代謝は飛躍的に上がって行きますので、体質としても痩せやすくなります。

ダイエットにも効果を発揮する舞茸のMXフラクションですが、体内の免疫力も強くすることができます。ダイエット効果としては、含まれる食物繊維が多いこともありますので、便秘をリセットさせて痩せやすくなります。

食物繊維が多いごぼうよりも、5倍もの不溶性食物繊維を含みますし、キノコキトサンの働きで内臓脂肪は落としやすくなります。だから部分的な、お腹痩せにも役立つことができる栄養素です。MDフラクションは免疫力アップにもなりますので、風邪を予防しますし、老化を予防することにもなります。

舞茸ダイエットを実践すると気には、加熱は素早くするようにします。それは加熱での、熱分解をしやすいためです。黒い煮汁が出てきますが、これも料理に使いましょう。毎日食べる舞茸の量は、ほんの50gほどで大丈夫です。

上へ戻る